院長ブログ

02NOV

東歯大同窓会長&学長

2009年11月02日

「同窓会単位」を苦手とする私ではありますが、東歯大北陸3県の総会に同窓会長+学長がお見えになったので昨年のTDC卒研セミナーのお礼を言うために福井まで行ってきました。
学術講演会の常として「会長さん」といえば開会の挨拶をしたらそっと退席か、居眠りしているかのいずれかと相場はきまっている思っていましたが、私に内容についての詳細な鋭い質問をされ、こんな会長もいるのだと驚いたのです。
%E6%9D%B1%E6%AD%AF%E5%A4%A7%E5%90%8C%E7%AA%93%E4%BC%9A%E9%95%B7%EF%BC%86%E5%AD%A6%E9%95%B7.jpg
もうひとつ驚いたのは、私のラグビー部ずっと下の後輩で、「試合中スクラムが潰れて頸椎骨折、意識不明の重体となり緊急手術。数週間昏睡となったがその後奇跡の回復、後遺症もなし」という背筋も凍るような、でも胸をなでおろした事故があったときいていましたが、なんとその学生はこの会長のご子息なのだそうです。当時の父上の心情いかばかりだったことか。また会長自身は山岳部OBで昭和初期に剱岳に登頂(現代とは大きく異なり室堂までのバスもないので当然すべて自力、と想像を絶する超難行)、同じパーティーのメンバーが岩場で滑落し一命は取り留めたものの全員それを目の当たりにしたら膝が震えて動けなくなった、、、という修羅場も経験されたとのことです。いやはや、、、。
 そんなわけでこれを機にと図々しくも左:同窓会長、右:学長 と豪華3ショットとなりました。

このページの先頭へ戻る