院長ブログ

2016年12月のブログ記事

31DEC

松江臨床研究会50周年誌

2016年12月31日
松江臨床研究会50周年記念誌 をお送りいただきました。
松江1.jpg2年前に講演させていただき大歓迎してくださったこの会が、50年もの歴史がある老舗SGだといまさら知りました。横浜臨床研究会の影響を強くうけ横浜から学び続けて来られたようですが、すこし毛色の違う小生の話を、二日間にもわたりきいていただいたのは大変光栄なことでした。
松江2.jpg講演2日目朝、お願いして出雲大社を案内いただき、受講されるみなさんが会場におそろいなのに、当の私か遅刻してしまつたことも懐かしい思い出ですね

24DEC

TDCアカデミア講演

2016年12月24日
9月に東京歯科大学のTDCアカデミアで講演させていただいたことが、同窓会報に掲載されていました。あの講演は、聴いてる人たちを巻き込めた気がして自分ながらいい出来だったと自負しているのです。
 TDC    academia.jpg
今回のレポートは「1時間半の講演時間が瞬く間に過ぎた」と締められています。presentationは聴く人の耳目を集めてナンボ、ですからやはり成功だったといえますね。
毎回そうもいかないのですが。

19DEC

来春出版物第一弾は 「狙って治す」

2016年12月19日
歯周基本治療を語り啓蒙することが私の歯科の世界での役割なのだろうと思っています。
でも、歯周基本治療でほとんど治る!だからやれ!!と言われたってそううまくいかないのが全国レベルでの現実だからみんな困るんでしょうね、きっと。
 ビギナーだってうまくいく症例、その次、と順をおって成功体験を積み重ねて行くことが、何よりの自信につながるのだろうと私は思うのです。
 そうした特集号です。これはヒットの予感。

狙って治す.jpg
狙って2.jpg

12DEC

「垂直性骨欠損の発症に咬合性外傷は無関係」説 の症例(?)

2016年12月12日
yw.jpg

40代女性。左下3近心歯肉腫脹疼痛が主訴。オープンバイトにつき外傷の要素はなし(とんでもない位置でのクレンチング等もなし:念のため)。
過去に数回、急性症状でると前医でレーザー照射、、、しばらくすると再発、、を繰り返してきたとの由。

左:当院初診時'16 3  左下犬歯近心にX-P透過像 
右:本日'16 12 も少ししたらもちょっと白くなりますから。

09DEC

冬の晴れ間

2016年12月09日
忘年会で遅く帰り、早起きの私にしては珍しい朝寝坊をしました。
でもお天気良く、風もなさそうなので、2時間ほどだけ、と出漁しました。
確かなアタリが三回。真鯛、ノドグロ、カサゴ、と赤い魚が3尾釣れました。
IMG_8131.jpg
明日からまた寒くなる予報ですね。立山連峰もすっかり白くなりました。
寒くて暗い冬の北陸のつかの間の晴れ間でした。
'16 12.jpg

05DEC

 '16 富山剱の会スタッフミーティングの感想文

2016年12月05日
先日の第17回富山剱の会SMに東京から参加されたY歯科クリニックのスタッフさんたちから感想文集をいただきました。あえて手書きなのでしよう、心こもった達筆です!これだけ書くにはものすごい時間を要したはずです!
富山剱の会SM感想文.jpg
みなさん感じていただいたKey Word は 「本気」のようです。
いいとこみてますね〜!
素晴らしい
01DEC

来春の講演予定第一弾

2016年12月01日

私には馴染みのない会でしたが、、、

東京松風.jpg

私(たち)のイメージする「スタディグループ」とは異質の会のようです。若い頃、歯科の教科書の著者としてきいたことや見たことあるレジェンド達が、そこらの?歯科医のレベルの底上げのために創設された59年もの歴史ある会のようです。
講師の多くが大学人のなか、ご指名いただき恐縮です。

前回今ひとつだった講演の反省点もふまえ、今度は充分な時間もいただいたことだし、タイトルも日本歯科医師会雑誌仕様にあらためてバージョンアップして臨む所存です。

このページの先頭へ戻る