院長ブログ

15JUL

日本歯周病学会認定医申請

2019年07月15日
私が日本歯周病学会専門医だけではなく指導医、臨床研修施設を取得したわけは、自分が認定医申請のための印鑑や推薦状を持ち自分の周囲から歯周治療が普通にできる歯科医を育てられれば、それがすなわち歯科的社会貢献になると考えたから。
 我が スタディーグループ富山劔の会からこれで二人目の申請。
認定医1.jpg認定印.jpg
認定医や専門医の資格を標榜できることが目的ではないにしても、若い先生の目標とかモチベーションになればそれがすなわち患者さんへの治療にも反映されることになるのです。
認定を目指すことが真面目に頑張る若い歯科医の励みになればいいですね!
このページの先頭へ戻る