院長ブログ

2019年10月のブログ記事

29OCT

ミス!

2019年10月29日
23OCT

ラグビーJAPANロス マラソン断念

2019年10月23日
ずーっと楽しみにワクワク応援してたラグビー日本代表が敗退した喪失感は大きすぎますよね。おまけに左脚肉離れの痛み治らず、5回目となるはずだった今年の富山マラソンはやはり出走断念しようとおもいます。
CE12BA7C-A09A-45F0-A6EE-EEA1E76E2161.jpeg
この五年間恒例にしてたマラソン前の一ヶ月間の禁酒、はとっくに中止です。
もう呑むしかないですね。今後のことはいずれまた考えることにします。

20OCT

「ルートプレーニングのストラテジー」連載です。

2019年10月20日
「デンタルハイジーン11月号から6回にわたって連載します。
3F263EEF-CC8B-43BB-822E-12E756E17B3F.jpegのサムネール画像
論より症例 記憶より記録
昭和の歯周治療 四半世紀の経験則⁉︎に自信あり!!





15OCT

ラグビーワールドカップ JAPAN vs Scotland

2019年10月15日
もう言葉にできないくらい最高でした。
一年半前だったか、このゲームが一番観たくてあれこれ下準備の末チケットゲット。さらに今朝自宅を出てからスタジアムに到着するまで8時間、アクシデント続きでしたが、撤退するつもりは毛頭なくこれ観たい一心。なので諸々全部帳消し、ね。
CD70EC70-B3D5-4F47-B9ED-AEBBCE2344A7.jpeg
まさに一生に一度。
こんな歴史的瞬間に居合わせることができたこと、今日こそホントに生きててよかつたと思いました。それにしても後半あと20分がホントに長かったですよね! 
ついに悲願のベスト8達成のJAPANですが、もうここまできたら次の南アフリカも絶対撃破して次の新しい歴史をこじ開けて欲しいですね!

12OCT

新著(共著)上梓です。

2019年10月12日
成人の矯正治療をはじめる際には歯周治療をしっかりおえてから!
当たり前のように見えて、その実なかなか難しいことなのかもしれません。
AB659032-8B8B-464D-9258-5A9CC3946C22.jpeg当代きつての豪華執筆陣!
35937E24-B15E-498D-8D67-8EA3F6AC2862.jpeg
この本の企画意図、趣旨は臨床編のChap1. 鼎談という形で詳説しています。
矯正治療を手がける全ての歯科医に熟読いただきたい一冊です。

12OCT

トイレ改装

2019年10月12日
今時の若い子のなかには和式トイレじゃ用足しができないこもあるというほど、和式トイレってありえないそうですね。だからというわけではないけれど、30年来のスタッフ用トイレを改装しました。4A89C6FD-DA92-44C9-85DF-3EEA5131DD2A.jpegDF385E4E-D984-4439-A25A-793A0EBF3676.jpeg
ここでわかったことは、もはやなしにはいられないウォッシュレットですが、外のトイレじゃ使わないという女子も多い、、のです。もはや、収拾つきませんよね

10OCT

肉離れ

2019年10月10日

かかりつけ整形外科受診。
腰と脚のMRI撮影の結果、肉離れとわかりました。左脹脛の白い像は血腫で、全治3w。10.24に治るんだそうです。でもその3日後の10.27に十分な準備もなしにフルマラソンを走れるとは思われず、どこかの地点で計画的離脱~棄権かな。

肉離れ.jpg

偶見所見?として、腰のMRI で10数年まえに拇指頭大くらいあった椎間板ヘルニアが小さく縮小していることが確認できたことは良かったですね。

椎間板.jpg

07OCT

アンケートから

2019年10月07日
現在メインテナンス継続中の方のカルテからこんなものが飛び出してきました。そういえばどうゆう経緯だったか忘れましたが、数年前患者さんたちにアンケートをお願いしたのでした。
大絶賛してくださっています。
アンケートから.jpg
これはまさに歯科衛生士の本懐、歯科医師の本懐。
こうゆう人が一人でも多く現れますように努力したいですね。
04OCT

足底筋膜炎!?

2019年10月04日
数日前から朝起きると左足がバリバリに固まって歩行困難、、、踵が痛くてたまらん、、でもこんなの走ってりやいずれ治る、あえて忘れたふりしていましたが、足がいよいよ痛くて10km過去5年来のワーストタイムを出してしまいました。
ふくらはぎ.jpgこれはおかしい、、、 もしや、、と整体てのに行ってみたら、ふくらはぎの深いところの筋膜を押さえられると激痛で畳三回タップてことが判明しました。30km走って仕上げ、の練習スケジュールは当然中止。これが最後かもしれないと思っていた とやマラ は、サブなんとかやらはおろか、完走いや出走もできるかどうか不透明という事態です。これが噂の老化、、のかもしれません。自分だけは首から下はアンチエイジング、なんての幻想でしたね。
このページの先頭へ戻る