院長ブログ

2009年4月のブログ記事

28APR

富山のデパートで!

2009年04月28日

%E6%9D%BE%E7%94%B0%E6%AD%A3%E5%8F%B8%E3%81%8F%E3%82%93.jpg
左'82 ボールもって突進する鉢巻小僧 右’09のオヤジは わがブログ友「熊本天草の名門3代目」の実弟にして、東歯ラグビー部4年後輩の永野正司先生(旧姓松田)。昔、俊足ウイングとしてわが東歯ラグビー部第2期黄金時代を支えたトライゲッターでした(ほんと)。ちなみに左の寝ている相手を飛び越えているのは同級生である天草の兄貴からきいて弟を勧誘した現在岡大医学部T教授です。右のオヤジの体躯なら私とフォワードバックス交替だな。卒後は糸魚川にある八重洲のK先生奥様の実家に婿入りされてその後大ブレークしています。そういえば以前彼のおかげで糸魚川歯科医師会で講演させてもらい老舗料亭でごちそうになったこともあったっけ。それについ先週も糸魚川から金沢へ越してこられた重度歯周病の患者さんを紹介していだいた矢先のことです。私には珍しく愚妻と富山のDデパートをブラブラしていたらなんと彼のご一家とバッタリ会ったのです。ありゃ〜、なんでお前こんなところに居るの?いかんせんわが愚妻が顔出しNG写真撮影拒否につき全員写真はなりませんでしたが、彼が尊敬する熊本の父上の名前をひと文字もらった愛娘と。美人奥様によれば、私と同様彼もデパートとかごく稀なんだとか。いやはや驚いた。

26APR

日展富山展

2009年04月26日

日展とは?:日本の美術振興を目的とする、日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門からなる総合美術展。国内最大規模、最も多くの人に親しまれている歴史と伝統ある展覧会です。現在、会員数は約600名。毎年一回秋に、公募展の形で展覧会を開催。会員作品,入選作品を合わせ役3000点を陳列し,終了後全国を巡回しています。(日展パンフより)
富山県出身の作家が多いからなのかもしれませんが、全国わずか数カ所のうちの中、富山へも巡回してくれるのはありがたいです。
%E6%97%A5%E5%B1%95.jpg
かつては「美術などとてもても、、、。いいも悪いもさっぱりわからないもん」と思っていましたが、評議員審査員を務める著名彫刻家の言葉「わかるわからないなんて問題ではない。だいたい来場している人たちのなかで作品を評価できるひとなどそう多くはいない、大半はあなたと同じ。そうではなく、作品の前に身をおいて想いを巡らす。それでいいのだ。」それ以来20数年。数点は遠目にみても「あれは誰それの作だ」と一目で分かるようにもなり毎年この時期を楽しみにしているのです。

先週開発した黒鯛の楽園で大物を釣り上げる予定が、今日の全国的な暴風雨に断念。昨夜Kくんらと悔し紛れに堪能した焼肉、キムチ、ニンニクスライスが効き過ぎて「臭い臭い,ア〜臭い、最悪!一緒に歩きたくない」などと愚妻に嫌がられつつも、穏やかなよい休日でした。

23APR

歯肉退縮がクリーピング:途中経過

2009年04月23日

歯肉退縮への保存的対処を主訴に、遠路はるばる特急に3時間半乗って数か月に一度通院されているsさんです。ブラッシングを改善したら1年ちょっとでクリーピングすると予告しました。現在8か月経過です。
s%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0.jpg
基準点であるCEJ(青矢印)と歯肉縁(緑、黄色矢印)の距離がじわじわ狭まってきていることがわかります。根面にプラークが残らなくなれば平坦になるところまでクリーピングするはず。よ〜し、いい調子!

20APR

わが現役最後の独走トライ

2009年04月20日

1984年冬、雨の稲毛グラウンド。まん中ボールを持って走っているのが24歳(!)当時の私。水色ジャージはレフェリーでそれ以外追走してくる全員泥ネズミで敵も見方もよくわかりません。敵陣10mライン上「まきの〜左〜(にフォローがいるよ)!!」という声が耳にはいりました。右からタックラーが来ているものの私はパスする気などさらさらなく、あと40m逃げきったら田んぼのようなインゴールにダイブです。
%E7%8B%AC%E8%B5%B0%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4.jpg

今頃なぜこんな写真なのかというと、昨日の計測で実に25年ぶりにこの日の体重に戻ったのです。当時は当り負けしない強い肉体を作るためにと意図的に毎日どか食いに加えて粉ミルクまで呑んでいました。運動量がそれに勝ってか体重は思うようには増やせませんでしたが、肉体にも精神力にも自信がありました。こんな激しい運動を毎日しなくなって以来25年間、増えた体重は4kg。(でも意外と少ないでしょ?)
 さる2月の人間ドックでイエローカードをもらってから、血糖値をセルフケアする決意をして「毎日満腹、休肝日なし」を止め「腹7分目、週に6日休肝、片道7kmの徒歩通勤を週に3日以上」を決めました。それらを守ること2ヶ月ちょっとで4kg減量しました。糖尿病なんぞちょっとご勘弁願いたいのでもう少し続けるつもりです。でも体重のことよりも呑み食いをセルフコントロールできるようになった自分を褒めてあげたい(少し前までできなかった)。重度糖尿病なのに食事の量を我慢できないひとというのは、脳の海馬に障害をきたしているのだそうです。できる間は救われるのです。煙草も同じかな。
血糖値やら薄毛やら、ジジイみたいな話題ばかりで全く困ったもんです。

15APR

重症例のメインテナンス

2009年04月15日

ほとんどの歯の根尖近くまで、いくつかは根尖を超えて骨吸収が進んでおり、前医にて全歯牙抜歯を宣告された重症例です。抜歯やむなしと思えるほど全部の歯牙の動揺が著しく、指でひっぱったら抜けそう、、、。どの歯で何を食べているのか不思議にさえおもえるほどでした。
P%E7%99%BA%E3%80%9C%E7%B5%82.jpg
上は治療前、下は治療後。歯冠歯根比の悪さは変わりませんが、3歯を除き保存することができました。そしてその後も患者さん自身のプラークコントロールに加え、ご本人の希望にて毎月一度のメインテナンスが継続されています。%E3%82%81%E3%82%93%E3%81%A6.jpg
動的治療を終了後3年経過し全顎のレントゲンを撮らせていただきました。
歯周炎の再発や悪化はないばかりか、歯槽骨頂線の明瞭化がさらにすすんでいることが確認できます。継続は力なり、メインテナンスの効果といえます。

13APR

「薄毛」が治ってきた!

2009年04月13日

私の頭髪をみてお気付きの方もいたかもしれませんが、この数年間のうちに前頭頂部あたりがだんだん薄くなってきて前からみたら頭皮の地肌がみえるようになってきていました(私としたことがなぜ写真を撮っておかなかったのだろうと悔やまれてなりません)。もちろん以前はそうではなかった。風呂上がりなど自分ながら鏡を見られたものではなく、女房子供にいびられていました。でもどうにもならない宿命なのだと思い諦めていました。そんなとき手にしたのがこの本。
%E3%83%8F%E3%82%B1%E3%82%99.jpg
タイトルから想像した内容はごく一部で多くは薄毛解決法(治療法)が書いてあります。6ヶ月で効果がでる、と書いてある。「頭髪の薄いVIP」の顧客がとても多い私のかかりつけ床屋さんによれば、薄毛に関心の高いひとには周知のことなのだそうです。少し前、職業がら私の髪が薄くなってきはじめたことを手で触れて実感しそれとなく話題にしてくれたことがあったそうですが、私は当時あまり関心を示さなかったらしくて右の耳から左の耳に抜けていました。
 この本で知ってから「ダメでもともとものは試し」と実行しはじめてから2ヶ月。毛髪の手触りが固くなってきたし見た目にも随分変ったなあと実感します。でもまだ他言は無用にしておこう、、、そんな折、6ヶ月ぶりに検診にみえた歯科オタク(?)のYさんが私をじろじろ見て「あれっ?先生、髪の毛が増えましたよね!!??」と口にされたのです。シメシメ他人の眼からそうみえれば大成功。

密かに薄毛(と言わなければならないそうです)に悩む本ブログ読者のあなた!!諦めるのはまだ早い、阻止できるものならしてみたくはないですか!?
当方までご一報くだされば詳細にお教えします。術前後の写真がないのが残念ですが、EvidenceもExperienceもあります。

10APR

ポスター発表です。

2009年04月10日

岡山での第52回春季日本歯周病学会学術大会 http://www.kokuhoken.or.jp/perio52s/
にてポスター発表させていただくことになり、かねてから準備をすすめていました。
前回、四日市での日本歯周病学会でポスター発表を眺めていたら、きょう日のポスター発表といえば「大きな台紙に写真を切り張り」するのではなく、1m×2mもの大きな紙に「1枚刷り」なのだ、と分かりました。そんなかっこいいことA-4サイズが最大のプリンターしか持たない我々にマネできようはずもなく、自分には不可能なことなのだと思っていました。ところがM歯科大学歯周病科Y教授Y助教のご厚意で実現することになったのです。そしてありがたくお言葉に甘えたのでした。
%E8%A9%A6%E5%88%B7.jpg
今日、普通紙にプリントした試し刷りを送ってくださいました。やはりこんな大きな一枚刷りはかっこよく、迫力があります。我ながら5月が楽しみ!

08APR

侵襲性歯周炎(?)治療経過 その1

2009年04月08日

'09 2.25記事「侵襲性歯周炎(?)3症例」の中の3例目の治療経過です。
補綴してある3前歯は連結してありました。右上1は保存がかなり厳しいとみえるものの切断して1歯抜歯となれば残りの2歯もさらに悪化することは必至。1.多数歯をまきこんでのロングスパンのブリッジ 2.可撤式義歯 のいずれかの選択を余儀なくされるかと思います。両隣在歯ともすでに歯冠歯根比の悪い歯周病罹患歯なので予後不良は間違いない。VirginTeethを切削しても道連れになって「死なばもろとも」。義歯にしても見た目が悪いだけでなく緩徐な抜歯装置となりそう。いずれにしても欠損の拡大は眼に見えています。さてどうしましょう。こんなときは急いで見切りをつけず、じっくり基本治療に励むのです。
M%E3%81%AE%E5%89%8D%E5%BE%8C.jpg
上は初診時、下は6か月後。根尖をこえる骨吸収にみえていた歯槽骨が安定してきました。まだまだ治療途中で予断は許しませんが、ブリッジも義歯も不要となるようです。

4/8は、まきの歯科医院23回目の開業記念日。今日は他にもよい症例をいくつか確認しました。追々ご報告します。

05APR

大阪日帰り

2009年04月05日

花見イカが釣れとるぞ~というメールがきましたが残念無念、今日は大阪。電車からぼんやり外を眺めていたら桜宮という駅でびっくり。河川敷が満開の桜で埋め尽くされているのです。桜並木は日本中に数あれど、広大な面積ひとところにこんなにまとめて桜が咲いているところもあるんですね~。思わず電車から飛び降りてシャッターを押してしまいました。
%E6%A1%9C%E5%AE%AE.jpg
時間をつくるために早朝に富山を立ち、お昼休みのわずか小一時間とほんの束の間ながらも「アジア」を満喫。
%E9%B6%B4%E6%A9%8B.jpg
たった130円の「キャベツ焼」(キャベツと卵がはいったお好み焼き)は美味かった。

04APR

結婚披露パーティー

2009年04月04日

朝からDA北山(旧姓)の結婚式&披露宴のため休診となりました。半年程前すでに入籍し同居していますが、それからじっくり練り上げた生涯最大の重要な主演イベントで座席表名札等にいたるまで全て自作自演の手作り。両家とも県西部だというのにわざわざ富山市内の会場を選定するという気の入れようなのです。
若い頃は披露宴に招かれる機会もよくありましたが、この数年はそうした機会もめっきり減って久々のおめでたい席、花嫁さんのこれ以上ないというような幸せに満ち満ちた笑みが印象的でした。よかったね〜。
%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%95%E3%81%95%E3%82%93.jpg
残念でたまらないことがひとつ。新郎君に「この写真ください!」といわしめた私のベストショット(キスシーン!)、もちろん進呈する約束でしたが、パソコンかデジカメのトラブルかよくわからないままデータが紛失してしまったのです!どーしよ〜、誰か助けて〜!

夕方からもうひとつ宴会があるので一旦自宅に戻り一休みしたらもう一度JRで富山へ。ビジネスホテルに泊まったら明日は大阪で所用のため日帰り。血糖値があがりそう、、、。

このページの先頭へ戻る