院長ブログ

16AUG

剱岳登頂勇気ある撤退

2022年08月16日
今年の春先から山小屋の予約をとり、福岡、東京、千葉と遠来のメンバーで周到な準備を重ねて向かった剱岳でした。しかし残念なことに天気予報通りお天気は時間の経過とともに最悪、暴風雨となったため山小屋に着いた時点で撤退を決めて、本峰アタックは来年の課題ということになりました。
3826C305-980C-4B4E-958A-3D78C0F61BD5.jpeg

A0A5E60E-75D2-42F7-B469-42E84840AE70.jpegしかし20代〜60代での呑み会は楽しすぎでしたね〜!

11AUG

お盆山行第一弾 薬師岳日帰り

2022年08月11日
4C1C7D5A-A2F2-4EE0-B3D9-AE0B2E07A544.jpeg
久々、数年ぶりの山だし練習兼ねての持ち物チェックで
薬師岳日帰り往復してきました。
ちょっとトラブルあって登りバテバテ5時間
降りはサクサク3時間半。
やはり山はいいですね。
ところで
太郎山へ至る登山道は根分岐部ネタの宝庫
ネタ写真です笑
00BF09AE-53EE-49D2-9DEB-9B7EE7F3B342.jpeg

10AUG

第93回伏木小学校遠泳大会

2022年08月10日
来年創校150周年というわが母校、伏木小学校遠泳大会を泳いできました。
昨年はコロナ禍で縮小開催とのことでしたが、今年はいつも通り
児童にマンツーマンになるくらいの伴泳や伴船、地域の皆さんのサポートは万全で、昭和の初めに始まって以来一度も事故はない、のは自慢ですね!
6C123E7D-3145-4AB0-8A2C-70658D18AB8C.jpeg
EF8AEC96-F1A5-46F5-8667-DAADF36A4ECD.jpeg
私が伴泳した子もかなり苦しそうなので、ビート板を投げてもらおうかとハラハラしてましたがなんとかゴール。波打ち際まで迎えにきたお母さんが大喜びしてるのを見ると、よかったなぁ、、と思いましたね!
ぜひ後世に遺してほしい伝統行事ですね。
04AUG

臨床歯科を語る会DVD

2022年08月04日
C93EE805-1074-4EF5-9B7D-9CBA93A7A2DB.jpeg
今年の臨床歯科を語る会で発表したプレゼンのDVDが届き、コレクション?入り。この30年来自分が発表したビデオを全て購入し保存してきました。本来ならこれを見て反省点を見つけ次に繋げるべきなのでしょうけれど、自分で自分の姿を見るのは恥ずかしすぎて一度も見たことがありません。これら全て私が亡き後は不燃物行きとなるんでしょうね。



03AUG

日本臨床歯周病学会40周年記念大会

2022年08月03日
AD81473C-3246-4461-8464-1D05914AA0D4.jpeg
見どころ満載、お土産多数の楽しい2日間でした。
イタリアの先生のシンプルな歯周外科の講演は圧巻でしたね!
それ見ているといくつか気になる症例のX-pが思い浮かび
新幹線を降りるや診療所に直行しカルテを引っ張り出したのでした!






30JUL

訂正を希望します。

2022年07月30日
F3B1E3D2-45F7-4893-8DCE-2B5733FFCEEE.jpeg
残念すぎることはp188に掲載されている写真。これは途中経過のxーpにしか過ぎず、これで結合組織性付着に〜とは言えません。
こうなってしまったのはおそらく以前、先生の講演用スライドに症例写真を使わせて欲しいと言われたので、はいどうぞどぞと内容をよく確認しないでお答えしたのがそのままになってしまったことが原因なのではないかと思われます。私と症例の名誉のために訂正したい写真を載せておきます。正しくはこちらなのですが、、、、。
'16 3~'20 9 和田XP.jpg
困りました、、、、涙

28JUL

決定版!治癒の病理 新著にして大著

2022年07月28日
21JUL

自家歯牙移植セカンドオピニオン

2022年07月21日
最近、自家歯牙移植のご依頼、ご相談が多いですね。何故でしょうね。
今回は16才と若いKr.の下顎66が保存不可能で抜歯、の診断は誰がどう見ても仕方のないことです。
移植?.jpg
問題は前医ではその後の処置として ⑤6⑦のブリッジもしくは一本義歯の2択と言われたとのこと。まあそれもやむを得ないことではあります。
でもブリッジとなれば両隣在歯の全周を削ること、一本義歯は不都合だろう、、ということ。
かといって抜歯後放置すれば7の近心傾斜、対合歯の提出と続くことが予想されるので、それは阻止したいというジレンマです。
ここでお母さんとしては親知らずがあるらしいがそれを自家歯牙移植できないものか、、、というご相談でした。とてもいいアイデアだと思います。
問題点としては、抜歯後の骨レベルにおいての移植歯の埋入位置、4つある智歯全てが根未完成歯であることと歯根の完成の可能性等、いくつかありそうです。
患者本人がPCやアポイント厳守するのかできるのかを見極めることからスタートなのかもしれません。
20JUL

お伊勢参り

2022年07月20日
AB93E4F1-EEB3-4CC3-8704-6077EECF2DE2.jpeg
還暦同窓会のときは、お世話してくれるひと任せだったことに加え、土曜日診療後に1人で行っての合流だったため、外宮も内宮もよくわけわからずにいました。
その後、三重県歯科医師会講演当日の早朝にダッシュして参拝できたことはラッキーでしたが、講演前の限られた時間だったので、堪能することは無理な注文でした。
伊勢へ伊勢へと皆むかうのは日本人の心の故郷なのでしょうか。
暑いなか、密密な大勢の参拝者。意外なことは、若い人の割合がとても高く見えたことです。
伝統に触れる、とてもいいことですよね!
07JUL

臨床歯科を語る会 '22

2022年07月07日
'92に初参加以来30年間、一貫して「この会で通用する歯科臨床家」になることを目標にしてきました。かつてキラ星の如くいらした超著名な先生たちが少しずつ減ってゆき、元気印の若手だった私も古参の部類?になってきてしまいました。
3年ぶりの現地開催となった今回は、牧野ペリオ道場と題した夜の部(ホントはそんな柄じゃないのですが、、、、)、そして最終日のシンポジウム「歯周組織の科学と臨床」〜下野先生に聞いてみた と忙しかったですね。全体会に登壇するのは'93の新人発表以来ですから実に29年ぶり!ということになります。
C52086D3-737F-4967-9004-095322F5255F.jpeg

50AC8BFD-3CCE-4EE2-A965-D83EC39A91D6.jpeg
6BC369C9-A08D-44EB-94BE-1C9C48D714ED.jpeg
我が富山劔の会としては、以前気がつけば私とかわかみ先生の二人きり、、、なんて寂しい会もありましたが、これじゃいかんとこの正月の勧誘活動が奏功したのか、大量10名の参加を見てほっとしました。来年はこの中から新人発表をしてくれる者が出てきてくれると良いのですが、どうでしょうね。
とにかく3年ぶり、楽しかったですね〜!

カテゴリ

このページの先頭へ戻る