院長ブログ

27NOV

リマインダー

2022年11月27日
TCH(無意識のうちに歯列を接触させる癖)をやめてもらうために、四六時中思い出してもらうために、パソコン、スマホ、キッチン等いつも目につくところに張って思い出してもらうシールです。 リマインダー.jpg 「私、ストーンズが好きなんですよお♪こんなのスマホに貼って歯を食いしばらないことを思い出すためなんですよお」と見せてくれた50代の女性の患者さんのを改良加えて作ってみました。A4一枚で、数十人分できました。 該当する患者さんに差し上げます。
16NOV

街路樹の落ち葉

2022年11月16日
例年この時期になると落ち葉掃除を毎朝やらなければなりません。なぜか当院前の木だけ?落ち葉満載になるのです。周囲とは木の種類が違うのでしょうか。それが掃いても掃いても、、、。
臨床実習に来ている学生がそれを見て「私も手伝いま〜す」と加勢してくれ、するともうひとりも。
落ち葉1.jpg
落ち葉2.jpg
見て見ぬ振りして知らん顔決め込むこともできるのにねなんていい子達なんでしょうね。
この二人、近い将来歯科衛生士になったら絶対いいデンタルスタッフになりますね!
10NOV

歯科技工のデジタル化

2022年11月10日
7A5FC5B7-CAC2-41F3-82B5-1E6578DADCD1.jpeg
そう遠くない将来必ずやってくる歯科技工士の枯渇に大きな不安を覚える上、金属代が補綴物の保険点数より高いなんてゆう馬鹿げたことになっている時代、歯科技工のデジタル化、メタルレスには大きな期待を寄せている者の一人です。
その一方で数年前から、適合がメチャメチャ悪いCAD/CAM製だという補綴物が入れられて?いる患者さんの口腔内をたくさんみてきたなかでこれを担当した歯科医はどんな顔して患者さんのお口の中にこんなのをセットいるのだろうかと憤りをおぼえてきました。そうしてCAD/CAMへの嫌悪感は募るばかりでした。当然、私の臨床
には無関係なものとしてシャットアウトしてきたので、そうした情報には全く興味も無関心もありませんでした。
 今日、ホントは冷やかし半分のつもりでメーカーの体験会というのを覗かせてもらったところ、概念がかなりかわりました。私の知ってたものとは異なりずいぶん進化を遂げていたのです。とくに一番疑問視してきた適合については知らないうちに長足の進歩、これならOK、というより素晴らしいですね!こんなことになってるとは知りませんでした。
この先まだまだ進化するのだろうし、トップランナーなわけではない私が高額製造機に今すぐ飛びつく事はないはずですが、これから成り行きを興味を持って見てゆくことにしました。
歯科の未来は思ったほど暗くないですね。

07NOV

'22 第23回富山剱の会スタッフミーティング

2022年11月07日
またしてもon-line開催。
15医院、総勢106名の参加。ベーシック8題一般発表(ケースプレ)38題
'22 SM.jpg
スタッフによるケースプレゼンテーションが面白いのは、歯科医師よりもずっと患者さんに接する時間が長いスタッフらは、患者さんの人となりや生活背景等をよく把握しているから、なのでしょうね。
40E9EE62-ED25-4ECF-8A5A-F83FA15530BA.jpeg
看板娘のDH中村が寿退職するのはおめでたいこととはいえ、残念すぎます。
先日待望の日本歯周病学会認定歯科衛生士も取得し、さあこれから一層の活躍を!という矢先だったのに。
中村送別会.jpg
後輩歯科衛生士らの「中村さんみたいな衛生士になりたい」との涙が全て物語っているようでした。

03NOV

ノドグロ釣り毎回好調です。

2022年11月03日
209A8E9A-4F10-4B11-A760-FA89AC7BC28D.jpeg
DACAC13E-E913-40E6-B3CF-6216BE470228.jpeg
いまは抱卵していて身がやせてるためか、脂のノリはよくないですが、コンスタントに釣れてうれしいですね。
25OCT

惜しすぎる退職

2022年10月25日
新卒の時から5年半、車で1時間もかけて通勤してくれてたDH中村が寿退職することになり今日は最終日でした。
中村最後.jpg
小児患者から高齢者まで、アシストからルートプレーニングまで
サクサクこなせる真面目な優等生。
自分は一歩引いて先輩はたて、後輩衛生士には良い見本に、学生実習には素晴らしい教官としてほんとによくやってくれたものです。福岡講演も一緒にしてくれたっけ。
日本歯周病学会認定歯科衛生士取得なんて楽勝だったけど私の本心は飛び級取得をさせたかった。こんなかわいくて真面目で優秀なスタッフそうそういない。隣県にさらわれて行ってしまうとは惜しすぎました。ゆりなちゃん本当にありがと〜!
中村1.jpg

19OCT

歯周病と全身疾患の関連について

2022年10月19日
診断と治療.jpgある国立大学医学部教授が、定期購読されてる雑誌の最新号にこんな特集が組まれてるよ、と一冊くださいました。大正3年の創刊というからなんとも歴史のある医学雑誌です。 歯周病と全身疾患の関連は歯科の中では散々聞かされてきた話題ですが、内科Dr.らの中でもこのように取り上げられて注目されているのはありがたいことです。 個人的には認知症と歯周病の関連の中でジンジパインの項が、とても興味深く勉強になりましたね。 「好き嫌いに関わらず、得手不得手に関わらず、歯周治療は歯科医の品格、矜持です。」というセリフを最近どこかで聞いたような
17OCT

山形県酒田地区講演会

2022年10月17日
山形県酒田地区歯科医師会で(Web.)講演をさせていただきました。 酒田地区.jpg 当初「一日講演」で対面,Web.どちらでも、との打診でしたが、酒田市はここ富山からはどのルートを辿っても5〜6時間かかる、となると出入り含めて三日間、ちと厳しい、、、ってことでやむなくWeb.。 酒田といえば30年ほど前、かの酒田市開業熊谷崇先生が富山で一日講演にこられたので拝聴に行きました。当時北陸新幹線はありませんでしたから飛行機で三日がかりだったはず。先人は偉かったですね。 今日は同時に日本歯科医師会のセミナーがあって、図らずも裏番組?対番?になってしまいました。にもかかわらず受講いただいた多くの酒田市の先生たちスタッフさんらに感謝です。ありがとうございました。楽しかったです! さてお次は別タイトル、別企画の準備にスイッチ切り替えますが、またしてもオンライン配信なのが残念です。
13OCT

思いがけずの?ロングセラー

2022年10月13日
第1版第1刷が2013年でしたからやがて10年、まだじわじわ売れ続けているらしく、これで4刷だそうです。
第4刷.jpg
当初は、もしも全く売れずに残っていたらみっともないから、大量の在庫を私が責任とって買い受けなければならないのでは、、、なんて心配してたの、あれは杞憂でした。
熱心な読者様たちからあちこち誤字やら言葉の間違いやら指摘いただき、ご購読いただいたものすごく多くの方々に申し訳ない思いでいっぱいです。
多くの読者、出版社、その担当者、販売していただいてきた歯科材料店様その他、この本を取り巻くとても多くの方々に感謝感謝です。


10OCT

今度は診療所にも蜂の巣!

2022年10月10日
窓の外が何だか騒がしいと思ったら今度は診療所の軒下、雨樋の奥にスズメ蜂の巣があるらしい。ゴキブリジェット攻撃に一旦逃げても、しばらくしたらまた戻ってくるのです。
そんな時、患者さんのFさんがねずみ取り用の粘着シートを棒につけておいておけば面白いようにとれるよ、と教えてくださいました。試してみるしかありません。
それは本当でした。巣に帰って来る蜂が次々これに引っかかり、ほどなくして数十匹しばらくすると粘着物に絡んで下に落ちていきます。
昔、飛び回るハエをとるトリモチがありましたが、あれと同じ。
蜂.jpg
でももうこれ以上は自力では危険。もう少し置いておいて十分に個体数を減らせたところで、根絶のために巣の撤去を業者さんに依頼しようと思います。

AFE2D00E-D0AE-4276-826B-4ADB7656A7EF.jpeg

カテゴリ

このページの先頭へ戻る