院長ブログ

15DEC

メインテナンスが大事です!

2018年12月15日
Mさんが侵襲性歯周炎と診断されたオーストラリアから急遽帰国し歯周治療が'09の今頃でした。その後英国人と結婚しロンドンに移り住んだものののきっちり年に2回当院来院され7年半に渡ってメインテナンス継続されていました。しかしこの1年半、それが途絶えたのが少し気になっていました。そこで思い切って「どこかしらでメンテナンス継続されているのならいいのだけれど、、、」とメールを出してみました。
  すると
「先月38歳でロンドンで第一子を出産、現在24時間育児状態。歯磨きだけは忘れずやっているけどさすがに、、、」と。もう少し落ち着いたら信頼できる医院を探します、とのこと。いたしかたなし、というよりこれまでよく継続されたものだと感嘆しきりですよね。

その男の子の名前は あきらくん だそうです(あれ?どこかで聞いた、ありふれた名前かも)(笑)。いつか帰国の折に 日英ハーフのあきらくんに会わせて欲しいですね。
瀬川xーp.jpg

このページの先頭へ戻る