院長ブログ

2020年5月のブログ記事

26MAY

さようなら歯科用顕微鏡旧型ブライトビジョン

2020年05月26日
私の顕微鏡遍歴?は結構古く、歯科用が世の中に出る前の、眼科用とおもわれる顕微鏡が初代でしたからこれは二台め。平成23年6月から9年間愛用してきました。
新型導入以来、一度も触れることなく埃をかぶりつつ診療室のオブジェのようになっていましたが、引き取り手が現れ、今日搬出されて行きました。
98063371_2981355331959747_463169814366519296_n.jpg
新規開業の若い先生ですが、大事に使ってくれることでしょう。めでたしめでたし
22MAY

勤続10年ありがとう❗️

2020年05月22日
3880F8FD-6277-4CF9-B854-BBE5DFE97538.jpeg
勤続10年に心からの感謝を込めて、表彰金一封贈呈しました。
DA 竹内 実は歯科技工士の免許を持つていて、この人が作るTek(仮歯)ときたら、私がつくるのなんかよりずっときれいでカッコよくって、患者さんから最終補綴はホケンで、、なんていわれようものなら、内心これよりかなりレベル落ちるのに、、、と。
また、県内外からセカンドオピニオンを求めて来院される患者さんや、他院ではサジ投げられた難症例などの訴えを笑顔で全部聴いた上、それを簡潔に要約して渡してくれ当院のペースに巻き込んで、、というコーディネーターとしても超一流。歯周治療ではないところでの当院への貢献度が絶大な存在なのです。
「歯科助手の仕事は好きでやってる。子供がいても働きやすい職場に整備してもらい感謝しています。まだまだ頑張ります!」と若いDHらの目標となるようなコメントをしてくれました
ありがとうまだまだよろしくです〜
19MAY

走るはずだった長野マラソン

2020年05月19日
中止になった長野マラソンの参加賞Tシャツ、完走賞バスタオル、ナンバーカードが送られてきました。
E843B4FB-F1EA-44FE-8350-9CABE4C6AE8D.jpeg
この秋の富山マラソンは出られない予定なので、一昨年好調だった春の長野を走ってフルマラソンは最後にするつもりでいたのです。今回エントリーした人には、次回第23回大会で特別参加料金での優先枠を用意しますと添えられています。
おもわずまだ走ることになるのでしょうか。

5年後の自分にメッセージ?
まぁ引退までのカウントダウン、なんとか仕事して遊んで呑んで、、を続けていられれば上出来てとこでしょうねぇ、、、
今のところ、あまり元気なメッセージは思いうかばないね
13MAY

ウエアブル筋電計

2020年05月13日
元気な若手⁉︎だった20数年前に、新人発表のケースプレで、先日故人となられた著名なコメンテーターの先生から、ブラキシズムの所見を見落としてる!と厳しい叱責を受けました。
それ以来ずっと歯の咬耗や骨隆起がそれと思いつつ、確定診がだせないまま、当然曖昧なことしかできずお茶を濁すことにならざるを得ませんでした。

7C3EEF27-FBA1-4ABD-BE22-196828260124.jpeg
これで全面解決するとは思えませんが、なんらかの結論は出せないものかと思い、雇用援助金を申請しなければならないこのご時世、保険適用といっても投資額を回収できるわけはな、というのにこんな高価な玩具を買ってしまいました。
すでに思い浮かぶ患者さん数名。結果が楽しみですね。
12MAY

手作り帽子 3.

2020年05月12日
スタッフ全員分の洗い替え!
もはや本当に完全に脱帽です、としかいいようがありません。
帽子3.jpg
類稀な主婦力に本当に感謝して、
感染防御しつつの診療に取り組みましょう!!

08MAY

X線室の移設工事+メンテナンス用チェアの増設工事

2020年05月08日
以前から計画していた院内改修工事はこのGW中に行う予定でしたが、院内での密を避けるためにメンテナンスの患者さんたちを延期してもらい(あるいはキャンセルされ)、スタッフを交替で二人づつ休ませ、、、、増設どころかチェアもスタッフも余っているのです。収入は激減しても給料は容赦なく出てゆくので、助成金やら融資やらをお願いしなければ、、、というタイミングに改修工事とはなんともおバカな話です。
改装.jpg
でもここでドタキャン延期すると、工事業者に対して私の信用問題だろと思いGW休診中に実行したのです。 
改装2のコピー.jpg
仕方ないことでしたが、あまりに悪すぎるタイミングでした。大丈夫かなあ、、、

本当に支払いができないと困るので、
新チェア設置だけは少し待ってもらうこと無理矢理お願いしました。


07MAY

手作り帽子2.

2020年05月07日
スタッフ全員分、主婦の手作り!!
手縫いマスク.jpg
これだけ手縫いするのにどれだけの時間を要したのか
想像するだけで辛くなりますよね。
スタッフが感染しない、スタッフから感染させない、
の二つのために
できること全てやって、私たちを信頼し安心して通院していただいている患者さんたちに、精一杯報いようと思っています。







このページの先頭へ戻る