院長ブログ

カテゴリ「修復物」のブログ記事

07JAN

18年経過のブリッジ

2015年01月07日
Gブリッジ.jpg
ブリッジ脱離が主訴です。セメントウォッシュアウトのようです。咬耗して穴があいてはいるものの、ゴールドの展延性でよい適合です。保険でできる金銀パラジウム合金でもこう行くかどうかは怪しいところかと思います。1997年にセットですから17年経過していますがまだまだ使えそうなのでカリエス部分だけそっと除去して再セットです。
 よい治療で長持ちしていただくのは術者として一番の歓びですね。
06JAN

コーヌスミニデンチャー

2012年01月06日
「スキ(欠損)あればインプラント!」の風潮に異議を唱える者のひとりです。K子先生やM田先生風の症例です。
コーヌス義歯.jpg
右上45を失いました。⑥54③のブリッジ?〜③のメタルボンドは惜しい。対合は義歯〜インプラントは必要ない。反対側にパラタルバーは受け入れてもらえにくいがさりとて36クラスプでは不安が多い、、、。⑥にコーヌスを配し3に小さなクラスプからなる最小限の義歯で対処することができました。

10JUL

インレーの寿命?

2006年07月10日

私が19年前にセットしたゴールドインレーです。19年前といえば私も患者さんもまだ20歳代(!)ということになります。私の歯科臨床の知識も技術も今のレベルには程遠いはずなのですが、これまでずっと無事故できました。患者さんのリスクが低いこととゴールドの安定性とのダブル効果だったのかもしれません。
ところが今回、顕微鏡でみていたらマージンラインになんとなく黒っぽい線がみえたので探針でひっかけてみたところなんなく外れたのには少し驚きました。セメントがウオッシュアウトしていたようです。ついでに隣在歯第2大臼歯隣接面にもカリエスがみつかり、大事に至らぬ前に外してみてよかったと胸をなでおろしたのでした。(左図)
インレー前後.jpg

幸い2歯とも小さな再形成だけですみました(右図)。今度のインレーが19年使用できるかどうかはわかりませんが、この先19年後といえば、お互い60代後半。私の歯科医としての人生も残り少ないに違いない。

このページの先頭へ戻る