院長ブログ

2021年2月のブログ記事

21FEB

web.例会 web.講演会

2021年02月21日
剱の会例会はずっとオンラインが続いていてなんとなくこれが当たり前のようになってきました。時間が短縮できる点、遠方の先生にも気軽に参加いただけるなど、これはこれで良い点もありますね。
そして今日はweb.講演 会場とweb.とのハイブリッド開催でしたが、会場の参加者は多くはないようで、これでは演者のテンション上がらないですよね。
EC0EC98A-F8AE-4992-AD7B-9B826B0AC6AF.jpeg
私が質問したかったことは、金沢講演で指摘された骨膜減張切開について。
講演が始まる前から用意してあったので一番乗りで質問でき、回答を得ました。
少し前にメーカーから頂いた書籍でも確認していたとおり、予想通りの回答でした。
金沢でいただいたちょっと厳しい声に、聴いてた人たちはどう感じだかわかりませんが、
私としてはほぼ想定内でを確認しただけで、今後気にしないことにします。
09FEB

産休に入ります その1.

2021年02月09日
この春、当院の看板歯科衛生士2人が2人ほぼ同時に出産するため休職することになりました。
にこやかな笑顔と丁寧な仕事で患者さんから高評価いただくことの多い高松は今日が最後となり、現在臨床実習に来ている歯科衛生士科学生2人を加えらと過去最高人数になったため、集合写真を撮ってみました。
F1F42212-82D1-423B-AB40-AC5A7960F758.jpeg

ちょっと寂しいですが、出産後はまた元気に復職してほしいですね。
04FEB

スタッフプレゼン予演

2021年02月04日
日本歯周病学会認定歯科衛生士試験のケースプレゼンテーシヨンの予演をおこないました。
ひとりは新卒から当院勤務してくれたDH霜鳥。産休育休経て復帰。この春2人目出産を控えて再度の休業ですが、その前に合格しておきたいところ。
もうひとりは、以前県外で私の講演に来たという受講者で、その後高岡市に嫁いできたことから勤務してくれるようになり、その後メキメキ実力発揮、いまや当院に欠くことができない超主力となっているDH椎木、の2名。
2人とも充分準備されたものです。真摯に仕事に取り組み、患者さんと接してくれている様子がよくわかるプレゼンテーションを観させてもらい、とてもうれしい思いで、楽しませてもらいました。
9F3EBD9A-17C9-41F4-A081-B9EBEB873869.jpegC458DF08-B484-493E-A668-078E9D73BD14.jpeg
治療の質としても、プレゼンテーションとしても認定医を凌駕するかもしれないなんて本気で思うほど、よい出来でした。
認定衛生士合格は当然として、これからますます患者さんたちのために力をつせて頑張ってくれること間違いありません。

カテゴリ

このページの先頭へ戻る