院長ブログ

カテゴリ「「歯周基本治療で治る!歯周基本治療で治す!」」のブログ記事

04AUG

おかげさまで 第3刷!

2017年08月04日
3刷り.jpg4年前の出版時、大量売れ残りを自腹で買い占めなければならないのではないかと密かに心配したりしていたものですが、意外や意外、多くの方々にご支持いただいたようで、うれしい限りです
お買い上げいただいた皆さん本当にありがとうございます。
第1刷、2刷りにあった誤植も修正されています。肩書きもすこし変わりました。しかし本書で述べた考え方も症例もほとんど変わっておらず、私の考える歯周基本治療の完成型はやはりはここにあるのだと再認識した次第です。
質の高い歯周基本治療の大いなる威力と意義をまだまだ日本中の歯科医師歯科衛生士らに広めたいものです! 今後ともよろしくお願いします!
08JUN

拙著 歯周基本治療で治る!〜

2017年06月08日
歯界展望巻末の広告欄に拙著の宣伝が載っています。出版からはや4年、でも出版社がまだ売ろうとしてくれている姿勢に見えてありがたいですね。

拙著.jpg
 またこの度再度増刷いただけるとの由。多くの読者に支持をいただき、これもとてもうれしい話です。 実は本書の内容に何点か誤りを見つけてしまい、ツメがあまいなあと、もしも機会があれば訂正したいものだとかねがね思っていました。気づいた以外にまだ何か不備があるかもしれず、今更ながらこの機会に今一度よおく見直してみようと思います。
07MAY

日本歯周病学会会誌 第58巻巻末

2016年05月07日
P学会誌.jpg
巻末広告ページに拙著2冊並べて掲載、これは素直にうれしいですね〜!
拙著広告.jpg


09APR

東京歯科大学同窓会名簿2014より

2015年04月09日
以前「同窓の先生の著書を集めて云々」ということを耳にしましたが、なんのことやら、、、と思っていました。たまたま今日、昨年発行の同窓会名簿をみていたら巻末に同窓の先生らによる著書24冊が紹介されてることを発見しました。このことだったのか!
同窓会名簿より.jpg
母校の教授、もしくは全国レベルで名の知れた著名な先生たちばかり!!
そんな一隅に加えていただいて、これは光栄至極です。
04OCT

祝 増刷!

2014年10月04日
拙著が増刷されたんだそうです。うれしいですね〜。
増刷.jpg
昨年発売前には、あまり売れずに在庫多数、、となったらみっともないから自分で買えるだけ買い取ろうか、なんて密かに思ってたので、これはうれしいです。
歯周基本治療で〜.jpg
記念すべき第1册の新品を手許に一冊のこしておくべきでした。
15MAY

富山県歯科医師会報から

2014年05月15日
県歯の図書として拙著、また語る会友ら渾身の編集の歯界展望別冊『10歯前後欠損症例の「読み」と「打つ手」』も新規購入いただいたことが県歯会報に載っていました.
県歯会報より.jpg
ご購入いただきありがたいことです!

07APR

大学恩師教授より

2014年04月07日
学生時代にとてもお世話になった教授からこんな素敵な絵はがきが届きました.
拙著を目にしてとても驚かれたとのことです.
「まきのといえばラグビー」は30年も前のことです.私としては楕円球に向かい合ってた情熱を歯科に向けてるというだけで大変わりしていないつもりなのですが,学生時代のイメージからはかなり驚いていただけたようで,これはうれしい限りです.
IMG_3077.jpg
門下から7人もの各大学教授を輩出した名匠からの賛辞は何ものにも代え難い,身に余る光栄です.お礼の思いを込めて一冊謹呈させていただきますから!

22MAR

歯界展望に書評です!

2014年03月22日
歯界展望4月号にも超有名先輩Dr.敬愛する丸森先生が拙著の書評を書いてくださいました。
BReview.jpg
「威力とは組織が治癒に向かう流れや変化 〜 その流れを上手に導き,歯周環境を整えるのが「歯周基本治療」の骨子 〜 多様な病変を整える治療の工夫が必要である。その工夫の組み立てが著者のオリジナルな部分である 」と本当は直感やヤマカンでやってるに過ぎない私の仕事をこんな言葉にしてくださっています。感激至極です。

21MAR

書評が掲載されています.

2014年03月21日
デンタルハイジーン2014 4月号に全国レベルで活躍されている美魔女?DH鍵和田優佳里さんが拙著の書評を寄稿してくれました!全国的に影響力のある方の推薦をいただけてうれしいですね.
書評1.jpg
書評2.jpg
全国の多くの歯科医,デンタルスタッフさんらの眼に留まって、歯周基本治療に真剣に取り組もうとされるひとが一人でも多くなるよう切に願うものです!
06MAR

書籍の展示販売

2014年03月06日
自分の著書など生涯2度とないかもしれないので、巷でどのような扱いがなされているかは当然気になります。ちょうど光重合照射器をもう一台買おうと思っていた矢先、A社の展示会だというので数社の実物を見比べて決めようと思って出かけました。その展示会場で書籍のブースを通りかかったのでふと眼をやると、、、、そこでは拙著は展示もされていませんでした。ガッカリ。目的だったはずの器材の選定はそこで中止して帰宅。光重合照射器はS社から購入することにしました。もらっていた新チェアの見積もり書は丸めてゴミ箱に捨てました。今週末S社展示会には私自身は所用があって行けませんが、多くの北陸3県の歯科医師、スタッフさんらの眼にとまり、一冊でも多くお買い求めいただきたいものです。
歯周基本治療で治る!高松.jpg
こちらは先日高松での講演会場での展示販売です。
http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=461130

29JAN

日本臨床歯周病学会誌vol.31 No.2 2013 より

2014年01月29日
拙著の広告を見つけました!
臨床P学会誌広告.jpg
28OCT

近畿北陸歯科医学大会にて

2013年10月28日
歯科医師会の仕事から無縁になってかなり経ちますが、12年に一度の面倒くささは前回経験してよく知っています。旧知の人とばったりお会いして大会とはまるで無関係に話しこんでしまいました。車の整備中に試乗体験もして、いつもと違う日曜日でした。
。.jpg
これがこんなところにも並んでいるのはうれしい眺めでしたね。

09SEP

日本歯周病学会誌に

2013年09月09日
13P学会誌.jpg
第55巻第3号 平成25年9月号 に
25JUL

出版祝賀会!

2013年07月25日
富山剱の会例会後。いつもの焼き鳥屋ではなく小洒落たイタリアンにわざわざ行くの?なんでかなあ、と訝しげに思っていたら、みんなが私の本の出版のお祝いを準備してくれてたのです。サプライズなプレゼントまでもらい、感謝感激‼ 安物のレーザーポインターが誤作動して具合悪く、困ってたのをみかねてか、緑色のレーザーがかっちょい~^ ^‼ 来月の講演はこのネクタイでいきますよ^_^。しかし!名前入り白衣着て、一芸しろってか⁇
出版祝が.jpg
プリントユニ.jpg

18JUL

「日本歯科医師会雑誌」にも!

2013年07月18日

歯科医師会雑誌.jpg
これで歯科の全国版の印刷物のほとんど全てに載ったのではないでしょうか。こんなに宣伝していただいてほんとうにありがたいことです。

16JUL

ネット販売3位!

2013年07月16日
東京水道橋、シエン社は歯科関連書籍雑誌専門店です。そこのオンライン販売1ヶ月間の売り上げ数ランキングがあって、24時間毎に更新されています。
http://www.shien.co.jp/act/rank.do
少し気になって毎日チェックしていましたが、今朝3位にまで浮上していました!(1〜3位は表紙の画像が表示されるんです)
シエン社.jpg
この先は時間が経つにつれ順位を下げてゆくんでしょうから、我が表紙がでている間に保存しておきました。


08JUL

日本歯科医師会広報に!

2013年07月08日
拙著の広告が載っている。
日歯広報'13 .jpgこれもまたありがたいことです。

05JUL

歯科雑誌の広告欄に!

2013年07月05日
歯科の雑誌に全面カラーページで広告を出してくれてるのは、うれしいですね!
雑誌に広告.jpg
メインテナンスに来られた患者さんからどこで買えるのか、ときかれました。一般のひとがみて何にもわけわからないでしょうけれど、これはかなりうれしい申し出です!

25JUN

同窓会報に!

2013年06月25日
我が母校の同窓会報が送られてきたので、パラパラみていたら。最終ページの広告欄のトップに私の著書の宣伝が載っているではありませんか!
同窓会報広告.jpg
(ひとりよがりですが)広告のページではあるものの、同窓会報に自分の名前がこんなに大きな文字でのっているのは、かなりうれしいです。学生時代は部活動にばかり励みすぎて(?)勉強などしたことなかった私としては、自分の若い頃の不出来にリベンジした感すらあるのです!これは生涯保存版にします。

14JUN

著書が完成しました!

2013年06月14日
これまでの総決算。歯界展望の連載をまとめて歯周基本治療の威力と意義を再確認し、そのHowToとしてGCセミナーの内容を加え、その検証のために経過を多く示す、、、。そんな構想から2年。ようやく完成をみました。
歯周基本治療で/.jpg
質の高い歯周基本治療で大半の歯周病はコントロールでき、歯周基本治療は歯科臨床の基本そのものであり最大の武器であることを広くアピールできれば幸いです。
 本書を完成するまでに、名前だけの「著者」よりはるかに長い時間を費やし、数々のナイスアイディアを駆使し、膨大な編集作業のなか、一切名前はださずにあくまでも黒子に徹して身勝手極まる無理難題も快くクリアし続けていただいた編集部H氏に深く感謝するものです。
このページの先頭へ戻る