院長ブログ

カテゴリ「能登半島地震」のブログ記事

25MAR

大規模断捨離終結

2024年03月25日
IMG_6108.jpeg
正月以来3ヶ月に亘り休みの日は全て解体すると決めた家にあったものの整理に明け暮れました。
IMG_6102.jpeg
それも今日で終わり、残りは空き家整理業者が入り一気に家財の搬出廃棄が加速しています。今朝数ヶ月ぶりに夜中目覚めず朝まで熟睡できました。
ホッとしたんでしょうか。
たるんだ腹を戻すべく、今日からリスタートです。
09MAR

木馬

2024年03月09日
IMG_5994.jpeg
引越しの荷物を搬出するなかからこんなのもでてきました。
娘が小さかった頃、木馬に乗せてみたいなぁと思いたって、数軒探して買ってきたのを思い出しました。今見ても楽しくなりますね!
05MAR

子供たちの乳歯

2024年03月05日
引越しの荷物の中からこんなものがでてきました。
娘たちと息子の乳歯!
IMG_5962.jpeg
歯を大事にするために抜けたり抜いたりした乳歯はとっておくこと、と言い渡したオヤジの言を忠実に守ったお母さんの甲斐甲斐しい結果です。

乳歯ってひとり20 歯のものだから、3人分全部あるなら60歯
私の記憶では、何本かとっておかなかったんだったなぁ、、、
04MAR

ラグ友

2024年03月04日
大学同窓会副会長専務理事の要職にあるKくんと奥様N子さんが突然 お見舞いだー!と医院に来られ、ビツクリしました。私がくらーい顔しているのではないかと心配してくれてたようですが、これはうれしかったですねー。急に元気がでました。ありがたいですね!
道に雪があるかと恐れていたようですが、良い天気でよかったです。
ありがとう、ありがとう
IMG_5958.jpeg

IMG_5960.jpeg

12FEB

静岡県歯科医師会チーム

2024年02月12日
IMG_5753.jpeg
大学後輩のKさんら静岡県歯科医師会チームが、珠洲市へ緊急治療や口腔ケア等のボランティアにきたそうです。現地に泊まるところはないし迷惑だから、高岡市ホテルを拠点にして毎日片道4時間往復8時間往復するそうです。
てことで激励会、と称して呑むわけです笑
実は内心、歯科医が避難所へ行ったってできることはそうそうないのでは?と思っていたのですが、「地震が来る来ると言われ続けてきた自分たちのところにはまだ来ていない。でもその時が来た時、なにをしなければならないのか、現場の実情をみてそのシステムを構築しておかなければならない」からだそうです。なるほど!納得しました。

09FEB

2.9金 北日本新聞より

2024年02月09日
IMG_5743.jpeg
どこかで見たことある家だと思ったら、、、
我が家(左奥)だった、、、、
この惨状を知ってほしい❗️
05FEB

お墓の損壊

2024年02月05日
お墓の様子を見に行くとこんな状態でした。
なぜ傾いているのかと思いよく見たら石を掘って作ってある脚が4つのうち一つだけ破損していました。倒壊して崩れ落ちてるよりはマシですが。

牧貞墓.jpgIMG_5643.jpeg
これではご先祖様に申し訳ないので石材店に修理をお願いしなければなりませんが果たしてこんなパーツ、新作することはできるのでしょうか。



02FEB

同級生の北日本新聞投稿より

2024年02月02日
IMG_5672.jpeg
能登の被害の甚大さはもちろんよく知っているのですが、その影にかくれてあまり多くの報道もされていないわが高岡市伏木も人的被害はなかったものの多くの人が諦めて住み慣れた家を離れ、また多くの人が仕方なく傾いた家に戻って苦しい思いをしながら生活しているのです。
そんなみんなのやらせない想いやあまりに遅い市の対応に対する怒りの心情を、かつて東北の震災を経験したからそ理解できるのであろう同級生女子が代弁してくれています。
かなり抑え気味に書かれてはいるものの、ぜひ我が市の市長さまにご覧いただきたいみんなの心情だと思います。
次期市長戦に出馬されたとして伏木地区の人たちにどんな演説をされるのでしょうね。
IMG_5664.jpeg

01FEB

地震から今日で1ヶ月

2024年02月01日
地震から今日で一か月。
ずーっと暗い話ばかりでさすがにメンタル折れそうになってた昨今ですが、チョー久々明るい話‼️
この数ヶ月、強度腰痛〜自発痛~下脚の痺れまで併発〜〜歩行困難~コルセット必携、、、のフルコースだったのですが、なんとそれが治ってきたのです❗️この3日間、コルセットなしで過ごせたとはつい先週まで考えられなかったこと! 

藁をも掴む思いで、トップアスリート全員なんなら大谷某まで使ってるという3種の神器を愚直に使ってきたこと、
IMG_5667.jpeg
IMG_5666.jpeg
そしてサウナ
22JAN

経過観察と規格性

2024年01月22日
隣家との隙間.jpg
隣の家と支えあってる私が住んでた家の3週間の変化です。
1.2に隣家との隙間から青空が見えていましたが、3w後、密着度が増して向こう側が見えなくなっていました。 
これでもなお 軽微な損壊 と判定され公的援助受けられないのでしょうか?

17JAN

公的支援はなし?

2024年01月17日
私が生まれ育った高岡市伏木には身体的被害を受けた人はなかったようですが、多くの人たちは傾いた家に仕方なく戻り、多くの人たちは避難しています。珠洲や輪島の惨状から見れば軽いのかもしれませんが、皆、先の見えない不安に疲れ果てています。
IMG_5500.jpeg
 はっきりいえば1番の問題はお金だと思います。
罹災証明書をもらっても裏切られたような軽い認定となり、かえってそれが仇となって公的支援はほとんど受けられません。お隣の氷見市は聡明で早々に義援金窓口を作っているそうですが、高岡市にはありません。問い合わせた人によると「特に作らない」という回答だったそうです。
こんな中、高岡市市長は一度も現地に視察にきていません。
この惨状を具体的には知らないでしょう。その一方で鍋祭りのイベントには行かれたようですが
地元では 傾いた建物の前で若者らが「やっべえ、やっべえ」とかいいながらスマホ向けたり、クルマをノロノロ運転で動画撮って行ったりといった野次馬どもがウロウロして、片付け作業に疲れた被災者たちの神経を逆撫でしています。
 昨年末に地元中学校の同級生たちと酒飲んでおお騒ぎして楽しかった!でもこの先、この町は人がいないゴーストタウンとなるのでしょうか?
16JAN

被災した人の話

2024年01月16日
このところ、私もココロが荒んできていて機嫌悪さマックスが顔にも態度にも現れて自分ながらよくないなあ、、と思ってた。そんな時、いい話をきき、ハッと我にかえった 伏木在住70代女性。ずっと一緒に当院に通院されてたご主人が一年ほど前に急逝され、一人暮らしになっていました。 1.1当日は自宅の玄関先にいてオロオロしてたところ、隣家の人がキャンピングカーを持っていて、他の近所のひと数人と一緒に乗っけてくれ、みんなで伏木小学校のグラウンドで夜を明かしたんだそうです。キャンピングカーの中で暖かいものまで食べさせてくれたんだそうです。翌朝家に帰ると自宅の屋根瓦がばりばりに壊れて落ちていて、、、 そこへまた近所の男たち5〜6人集まり、ブルーシートを持ってきて雨が入らないように屋根を補修してくれたんだそうです。とてもうれしそうにその様子の写真を見せてくれました。よかったですねー! 今日は入れ歯の修理よりも、私にそれを見せたくて来院したようでした。雪降る前でほんとによかったですよね
11JAN

近況報告 3.

2024年01月11日
昨日一日で5人の被災者が来院しました。皆昔からの友人知人で傾いた家に戻り余震の不安も抱えながらいる人たち。ひとしきり元旦夕方みた風景、避難した状況、損壊した家 etc. を 口々に語ってくれました。
レベルはそれぞれに少しづつ違いますが、先が見えない不安もあり落ち着かないだろうから今やってる治療やメインテナンスを中断して半年から一年くらい先送りしようか?と持ちかけました。
しかしかえってきた答えは少し意外で「いやいや次回もアポイント通りにちゃんと来るから途切れず継続したい」全員きっぱり言ってくれました。
皆気丈でポジティブでいいですね!
07JAN

近況報告& 一括返信です。

2024年01月07日
ご心配をおかけしていますが、身体もココロも元気です。
多くの方からメッセージいただきありがとうございます。
東京の大学に行ってた6年間以外の58年間住んでたボロ家ですが、地盤ごと傾いてあちこち壊れ住めなくなつたので離れる決意をしました。とりあえず身の回りのもの、思い出や思い入れのあるもの等から順に余震にビビりながら少しずつ搬出して、いまは診療所近くに仮住まいしています。
今朝罹災証明書発行のための調査に立ち会うために帰宅してみたら、近所は軒並み赤い紙が貼られて町内ほぼ壊れていました。
IMG_5421.jpeg
ご先祖と亡父の遺影があったので手を合わせてきました。
とはいえいま悲しんでるヒマはないので、これは元旦に来た大規模断捨離だったのだ、試されてる試練だ、と自分にいいきかせ、暗くならず明日に向かって走ろうと思います!
ご心配をいただきありがとうございます!
04JAN

2024 1.1元旦の夕方4時過ぎのことでした

2024年01月04日
夕方4時、未だ経験したことないレベルの激しいゆれに驚いて外を見ると、地面がひび割れ海側から黄土色の水が流れてきました。ニュースで見たあの光景にこれから変わってゆくのかと思うとえもいわれぬ恐怖を感じ、家族で避難することを即決しました。
私が校医となってる伏木小学校の体育館に続々住民が集まり、しかし皆さん冷静に落ち着いて見えました。備蓄の毛布、ビスケット、飲料水が配られました。この時期にある雪も雨もなく比較的気温も高かったことが何より幸い、段ボールを敷いてみんなで寝ました。
避難1.jpg避難2.jpg避難3.jpgひなん4.jpg

04JAN

2024 1.2 朝

2024年01月04日
体育館の夜があけ朝帰宅してみると、こんな恐ろしい情景が広がっていたのです。
私の家はもう住めなくなりました。
自宅0.jpg自宅2.jpg
自宅3.jpg自宅4.jpg

04JAN

ふるさと納税のお願い

2024年01月04日
【高岡市にもふるさと納税をお願いします】
能登半島地震では富山県高岡市の沿岸部にも甚大な被害が出ましたが、あまり報道されておらず、復興もなかなか困難になることが予想されます。
最も被害の大きい能登半島各地への支援が第一ではありますが、もしも余力がありましたら高岡市へもご支援のほどよろしくお願いいたします。

↓↓以下、ふるさと納税のおすすめです↓↓
(代表して楽天ふるさと納税ですが、各サービスで検索してみてください!)
 
●能作(高岡が誇る錫の老舗ブランドです。美しさと実用性を兼ね備えていてオススメ!下記以外にもたくさんあるのでお好みを探してみてください)
・アイスクリームスプーン(めちゃくちゃオススメ)
https://item.rakuten.co.jp/f162027-takaoka/56160083/
・ぐい呑み
 https://item.rakuten.co.jp/f162027-takaoka/56160115/
 https://item.rakuten.co.jp/f162027-takaoka/56160177/
・片口
 https://item.rakuten.co.jp/f162027-takaoka/56160512/?s-id=rk_shop_sp_rnkInShop
・箸置き
 https://item.rakuten.co.jp/f162027-takaoka/56160490/
 https://item.rakuten.co.jp/f162027-takaoka/56160107/
・籠
 https://item.rakuten.co.jp/f162027-takaoka/56160030/

●かぶらずし(富山、石川のお正月に欠かせない郷土料理です!ぜひ一度ご賞味を)
https://item.rakuten.co.jp/f162027-takaoka/56160189/

●アルミ製品(地場産業です。鍋やフライパン色々あるので探してみてください!)
https://item.rakuten.co.jp/f162027-takaoka/56160411/
https://item.rakuten.co.jp/f162027-takaoka/56160409/

●かまぼこ(富山名物の昆布でぐるぐる巻いたかまぼこです!)
https://item.rakuten.co.jp/f162027-takaoka/56160122/

●昆布(室屋の昆布は間違いないです!)
https://item.rakuten.co.jp/f162027-takaoka/56160254/

カテゴリ

このページの先頭へ戻る