院長ブログ

14AUG

'18夏@剱岳

2018年08月14日
ここ20数年来の課題であった「息子と剱岳」ですが、今日ようやく叶いました。
まあ、付き合ってくれたのでしょう。
太郎と剣岳.jpg
雨の中、「歯科医は良好」なのに残念ながらの「視界不良」。
一時は早期断念、行けるだけいって途中下山、その他いくつかのパターンを考えましたが結局強行。カニのたてばい、山頂、カニの横ばい、その他雨で滑って危険、、、
剣岳は過去10数回登ってきましたが、屈指の難易度でしたね。
でも無事下山できて良かったです
12AUG

きすの天ぷら パーテー!

2018年08月12日
あまりにたくさん持って来ても捌くの大変だ。20尾だけ釣ってくるから、と言い残して夜明け前から出動!ところが入れ食いとなり「釣れる時には釣れるだけ釣っておこ」の格言を思い出しました。50尾ほど釣れたところでエサがつきたので納竿、早上がりです .
キス.jpg

今夜は鱚の天ぷら食べ放題!?
キス天1.jpg

やんごとないchampagne

シャンパン.jpg

(アンドレ・クルエ シルヴァー・ブリュットAndre Clouet Silver Brut 死ぬまで飲みたいワイン30本の一つ)なんだそうです。
+小布施 wine れも美味しかった〜! 

いずれも頂き物です。ご馳走様です!

あ〜美味しかった
極楽至極

06AUG

伏木小学校伝統の遠泳大会

2018年08月06日
昭和4年から始まり今回90回だそうです。
こちら昨年放映されたもの

沖に見える男岩(おいわ)を回ってくる通称2.5km. 今年は5〜6年生から選抜の児童75名に、地域のひとたちの伴泳が名、ボートが10艇とほとんどマンツーマンのサポート体制。当然ながらこれまで一度も事故がないのが自慢です。
私こと
昨年は所要で参加できなかったため、この2年間1mも泳いでいませんでしたが、今年もやんわり泳いできました。
伏木小学校遠泳大会2.jpgぜひ後世に遺してほしいと思う地元の伝統行事ですね。
伏木小学校遠泳大会1.jpg

閉会式で育友会(父兄会)長Hさんが子供達に話された三つの約束
1.皆頑張って完泳して目標を達成できたことを誇りに思ってほしい。
2.それは自分ひとりでできたのではなく、運営に協力してくれたひとや、伴泳してくれたひとや、船を出してくれたひとや、応援してくれたお父さんお母さんのおかげなのだ、ということ。
3.でたかったけどでられなかつた子もいることも、忘れないでほしい。

いいお話でした。

02AUG

久々、柳ハチメ釣り

2018年08月02日
エサ取りが多くてなかなか釣れなくなった事、ポイントが遠いことからここ数年ご無沙汰していた柳ハチメが好調との噂を聞いたので行ってみました。
無風の炎天下、反応ばっちり!
グン、ググん というハチメ特有の引きはほんとに久しぶり!

ハチメ釣.jpgうれしい外道も釣れ、今夜も夕食が楽しみですね〜♪
めじ鮪.jpg

27JUL

久々、キス釣り

2018年07月27日
夕方、浜に行ったら不思議な色の空でした。
夏の夕方.jpg
海を見ていたら無性にキスの天ぷらが食べたくなりました。
ここ数年、キス釣りはしていませんね、、というわけでキス釣に出漁
ちょっと待てよ、30分だけ、とホタルイカを落として見たら
ぐ、、ぐぐ、、、〜ッ!!と強烈な引き!!
40cmのセイゴ(スズキの幼魚)が来てくれました。
セイゴ.jpg小柄でも強烈な引きが楽しめました!
そして久々のキス釣りは
きす.jpg
2時間ちょっと、お約束の20尾釣れたあたりでエサ切れと暑さで退散しました。
たまにはこうしたチマチマした釣りもいいもんですね


23JUL

「フラップ手術のすすめ」中川種昭編著

2018年07月23日

慶應義塾大学・中川種昭教授編集、当代きってのトップクリニシャン執筆「フラップ手術のすすめ 基本手技+歯周組織再生療法・歯周形成外科」 が刊行されましたが、その書評を仰せつかりました。
https://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx...
細部について少し悩んでいましたが、これにて校了、投函。
フラップ手術の.jpg歯界展望2018年9月号に掲載される予定です。
この好著がより多くの人の目に留まり、講読されるよう、今後の講演等でも広くアナウンスさせていただくつもりです!

18JUL

EuroPerio9のHPに!

2018年07月18日
JAPAN Session.   東歯大の齋藤教授が出てくるからと思い、前の方の席に座っていたのです。
カメラがこちらを向いてるなあ、とは思っていましたが、、、なんと私の写真がHPに載ってる!
 https://www.efp.org/events/galleries/europerio9/1_scientific-programme/index.html
Europerio9 HP.jpg

驚きました‼️
15JUL

歯科再生医療研究会

2018年07月15日
2006年サン・ディエゴでのAAPではじめてFGF2の症例を目にしてからずっと注目して待望していました。全国1000症例中、私も10症例からんでることだし、講演ネタ取材、アップデート もしたい。また、12年前に見て驚いた例の超チャンピオン症例に続く症例はあるのだろうか、、そんな事から大阪まで日帰りで行ってきました。

村上教授の講演はすでに10回以上拝聴しましたが北村准教授の講演は初めてでした。

村上教授の〜.jpgきたむら准教授.jpg

臨床家の臨床例にも期待していましたがリグロス単味ものではなく、骨補填材等を併用したものばかりで、すこしガッカリでした。


多くの質問が出て活況といえば活況ですが、半分くらいはあまり理解されていない、もしくは歯周治療をされていないのだろうな、、と思えるものが多く、それでもそれらに丁寧に真摯に答えられている飯台の先生たちは流石でした。


10JUL

10年経過

2018年07月10日
不定期に見える方なのですっかり忘れていましたが、1年ぶりに顔を見たらこの人の犬歯は初診時はかなり厳しいかも、、、と考えた事を思い出しました。ナイトガードにもの凄いファセットがつく強度のクレンチャーの10年前のX線写真との比較。
3遠心.jpg
しかし問題だったところは見事な「再生」に見えます。

この患者さんのCT画像 Vol. rendering です。頬側に皮質骨がてんこ盛りです。
堀田v.r.'18 7.jpg

09JUL

'18 臨床歯科を語る会

2018年07月09日
一年で一番楽しみな2泊3日。
 金子一芳先生最後の講演?かもしれない補綴臨床60年、万感の思いで作られたのであろう2時間半、見覚えあるスライドもいくつも出てきました。60年となると私なんぞまだ半分、ということになります。さてこの後どう生きるのかが問われるところかもしれません。
講演が終わり、その内容を一冊の美しい本にまとめられたものが配布されたのはとってもサプライズでした。書棚秘蔵の?一冊になりました。
金子先生.jpg
さて私こと
今年は 分科会「歯周組織再生療法の出番を考える」で歯周基本治療や従来型の歯周外科と歯周組織再生療法との比較について2題4症例をプレゼンさせていただきました。
肉芽組織1.jpg
歯周組織再生療法経過.jpg
信頼のおけるレベルの高い人たちとの競演はほんとうに楽しく、勉強になりなしましたね。
タイムリーな企画、クレバーな進行、要所を病理の解説がしっかり締める、とてもいいディスカッションができたんではないでしょうか。分科会とするには惜しく、全体会ですべての若手に見ていただきたい内容になったと思います。いずれまた次の機会に期待したいと思いました。
雑誌の特集号としてもヒットするのではないでしょうか。
'18 語る会分科会.jpg
懇親会の二次会、道楽プレゼン「富山湾の釣魚」も披露させていただきました。
地ワインで.jpg来年も楽しみですね!


このページの先頭へ戻る