院長ブログ

21JAN

臨床歯周治療セミナー M peri2 (/6)

2018年01月21日
臨床歯周治療セミナー6回コースの2回目。今回は歯周基本治療の決めてルートプレーニングとその成功のカギを握るシャープニングの徹底マスター の巻でした。
Mperi2.jpg 科研才媛リケジョによる歯周組織再生薬リグロス講座をランチョンセミナーに加えた豪華版
リグロス.jpg熱心に食い入る我が医院スタッフ。いやあ、楽しかったですね〜!
まきのスタッフ.jpg

17JAN

定点観測・規格撮影!?

2018年01月17日
冬の立山.jpg
次回講演では 定点観測や規格撮影の重要性と意義についてお話ししようと思います。
'18 1御来光2.jpgご来光の瞬間と1時間に一本の氷見線の通過が一致することは残念ながら不可能ですね。
'18 1御来光.jpg

13JAN

久々の豪雪!

2018年01月13日
「朝まで70cm積もる見込み」という天気予報が的中、朝外見てびっくり
'18の雪.jpg
いつもはクルマで12〜3分の通勤が3時間もかかる始末。1時間以上遅刻して我が医院に着くと、スタッフたちがまずは自分たちの車を停めるスペース確保のために懸命に除雪してくれていました。
'18雪2.jpg
玄関に入る道は、メインテナンス二十年継続されてる患者さんが見かねてを除雪してくださったそうです。実にありがたい話です!
'18 yuki .jpg
早々に決断し、スノボウエアで徒歩通勤して来た者、渋滞を見越して朝6:00に出勤して来たという者、6時間もかかってようやく出勤して来た者、みんなそれぞれにありがとう!!です。

私自身も自宅裏の除雪などしてないで、早朝に出社するべきでした。

07JAN

観光ガイド

2018年01月07日
例年この時期の富山は鰤、カニ、他にも色々おいしいものがいっぱい!
カニ.jpg
わざわざ県外からおいでたゲストさんたちなので富山県西部の観光地を連れ回しました。
管沼.jpg瑞泉寺山門.jpg
良いお天気ですなによりでしたね!
05JAN

私のセミナーを受講された方から

2018年01月05日
年賀.jpg
これは何よりのお便りですね! 励みになります。
02JAN

2018 謹賀新年

2018年01月02日
             明けましておめでとうございます。初釜.jpg

今年も質の高い歯科臨床を提供するべくスタッフ一同心合わせて頑張りたいと思います。
ご指導のほどよろしくお願いします!


01JAN

12.31休日当番医でした

2018年01月01日

大晦日 休日当番でした。

休日当番I.jpg

今日当番のはずだった先生が急に廃院、歯科医師会も退会されることになり、やむなく私が代行することになりました。年の瀬の慌ただしいなか予定もあつたろうに、でも出勤のスタッフのみんなには申し訳ない

25DEC

読者のケース相談

2017年12月25日
DH誌新春特集 この先生に訊きたい! 読者の''なんでも''ケース相談  です。
25594327_1540909822670979_9089446064280163176_n.jpg
相談者から寄せられたケースに対し、編集者と幾度かの打合せを重ねてきましたが、阪大天野教授、日大植田教授とご一緒だったとは初めてしりました
17DEC

日本歯周病学会@京都

2017年12月17日

AAPサンディエゴでこの写真をみて以来はや12年、いつになったらFGF2をこの手にできるのかと首を長くしてました。

jsp2.jpg立場上、今年初めからリグロスを北陸三県では一般の歯科医より先んじてすでに何例かためしてみましたが、村上教授の講演を聞きたい一心で京都です。疑問に思っていたことも直接お聞きすることできてスッキリしました。

前のセッションでもポスターでも、???と思える症例報告もありましたが、、、。

jsp1.jpg

専門医.指導医の更新に必要な単位はすでに満たしているのに、もひとつ出席印もらわなくちゃと思うのは、単位、単位と追われてた半生の習慣かもしれません

04DEC

下野先生著書

2017年12月04日

わがSGの記念講演会に、学生時代から敬愛していた下野正基先生を巻き込んで、富山県歯科医師会館4F大ホールを満員御礼札止めにしたことは、自分史に残る快挙だと考えていました。
 あれから4年、下野先生の新刊が出版社から届きました。

24293875_1520795538015741_3474075428514962713_n.jpg

同様な企画の内容を集めたもののようですが、その表紙に私の症例を引用掲載いただき、これまで目標としてきた全国の著名臨床家らと一緒に紹介いただいた上、

下野2.jpg

拙著を参考文献としてあげていただけるとは光栄な限り! 

下野3.jpg

こんな日が来ようとは、若い頃 脳までキンニク だった私には望外のこと、目頭熱くなる思いです。

 年内の講演は昨日で一旦終了、次のプロジェクトに早く取り組まなければなりません。

このページの先頭へ戻る