院長ブログ

28MAR

歯周外科の練習

2017年03月28日
開業30年を迎えるにあたり、これまでとは少しだけ違うスタンスで歯科に向き合って行こうかと思うようになってきました。
思い返せば大学を卒業したものの歯科の右も左も分からない時からず〜っと、自分の歯科の知識や技術を高めたい一心でしゃにむにやってきました。投じた時間やコストはもはや計り知れません。、でもおそらくこれ以降、私自身は歯科医師としてそう大きな変化や進化を遂げるとは思えず、このスタイルで引退を迎えるのでしょう。それならばこれまで先人に教わり得てきたことを後進に還元してゆくことも私の使命なのだろうと思うのです。
 そんなわけでここ数回、後輩に豚の顎骨を使って歯周外科の実習を試みてきました。
豚顎1.JPG豚顎2.JPG
若い頃の私と同じように、皆自分の歯科医としての知識や技術の習得に貪欲です。真剣に取り組んでくれる姿は眩しいばかりです。いいなあ、若いって、、、、
27MAR

新診察券

2017年03月27日
これまでずっと何の疑問もなく患者さんにお渡ししてきた診察券でしたが、いくつかの不備が見つかりました。そうなる従来の水色のものがいかにも野暮ったく見えてきました。
開業30周年を機に、素材、デザイン、色、記載事項を一気にリニューアルすることにしました。プロの手になかればこの通り、こんなスタイリッシュな薄紫色の診察券が完成しました。
診察券.jpg'17 4.1から来院いただく全ての患者さんのものをお取り替えいたします。

22MAR

FGF2「リグロス」 本格始動?

2017年03月22日
10年来の念願だったFGF2 を文字通り掌中にしてからというもの、使おうと思えばいつでも使える、、んだと思うとかなりうれしいですね。

リグロスパンフ.JPG
とは言っても「歯周基本治療で治る!」という信念はいささかも変わらないし、「そのために」も不変ですから、この先もこれを乱発するつもりは毛頭ありません。
しかし、ここぞというときは迷わず使わせていただくつもりでいます。手の内に持ち駒が増えることは余裕につながり、歯科臨床が一層楽しくなりますね〜!


20MAR

第27回神通川マラソン

2017年03月20日
3年前に初めて出場してみたのが神通川ハーフマラソンだったので今年の最初はこれにしようと思っていましたがエントリーが遅れて定員に達してしまい、やむなく10kmを走ることになっていました。ところが11月の富山マラソン以降、冬になって雪が降ったり原稿やら講演やらその他諸々の事情で(まあどれも言い訳でしょうけど)、さっぱりランニングのトレーニングができずにいました。そんなわけでかなりぶっつけ本番に近いことになりスタート直前まで不安に思っていました。ところが終わってみたら2年前の黒部での10kmを2分短縮する自己新記録になりました。
神通川まらそん.JPG
10km程度なら昔とった杵柄で行けてしまうのかもしれません。でもフルマラソンではこうはいかないでしょうね。

16MAR

やっぱこれでしょ。絶品スモーク!!

2017年03月16日
ホワイトデーネタupを忘れてました!
スモーク.jpg
年々完成度高くなってくと自負しているスモークベーコン&ビーフですね。
薄切りでワインもいいですが、コンソメスープでゴトゴト煮込んでキャベツを加えるの、超絶品ですよ!差し上げた方、ぜひお試しくださいね!!

16MAR

歯科スタッフさん向け書籍?

2017年03月16日
歯科商社S社の展示会にて興味を覚え購入してきた本、数冊
家に帰って広げてみたら全部が全部「歯科衛生士のために〜」じゃないですか。

私は歯科衛生士ではなく、歯科衛生士のことばかり考えてる訳でもなんでもないのですが。
DHむけ?.jpg
著者たちの執筆の心情や狙いを考えると、自分の書籍の中でも特にぜひみんなに知ってほしいポイントを、より平易な表現でビジュアルにわかりやすく、少し薄くて少し安価に、、 ということで書き直されたのかもしれません。そうした手に取りやすさも「売れる」本の要素なのかもしれませんね。
DHムケ2.jpg
ところでちゃんとこちらのチェックも、、、(笑)。
歯周基本〜.jpg

07MAR

まだまだ広めたい「歯周基本治療で〜」

2017年03月07日
A社歯科材料展示会に行ったら、拙著を展示販売してくれていました。
kihon tiryou .jpg
歯界展望広告欄にも書籍案内を掲載してくれてるのを発見、まだまだ売ってくれる姿勢がみられてようでうれしいですね〜。
kihon .jpg
そろそろ何かしら次の企画も考えたいものの、この本で語っている歯周基本治療の意義や大切さを、まだまだ世の多くの歯科医師、歯科衛生士らに手にとって読んでいただきたいものですね!

22FEB

歯周治療解説冊子

2017年02月22日
来院いただく患者さんに、当院の歯周治療についてよりよく理解していただくために自前で編集制作した冊子を無料で進呈しています。
冊子.jpg
プリントするたびすぐに売り切れになるので、幅広く多くの人たちに供覧いただけているようです。今回も受付スタッフの手で、バージョンアップがなされました。歯周病でお困りの多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

19FEB

歯頸部楔状欠損の原因?

2017年02月19日

「abfraction : 力の負荷によるたわみがエナメル質の破壊、象牙質やセメント質の微小破折につながると考えられている(歯周病学用語集)」
    これ本当か??


症例: FV. '01 1 45y M 重度歯周病(治療経過は省略,ナイトガード使用中) いわゆる歯周補綴のmaintenanceで経過観察中、21,24の歯頸部の欠損が進行、13 12 43は著変なし。

歯けいぶん3.jpg

咬合性外傷の要素が強いのなら上前歯のアタッチメントロスの進行、あるいはフレアアウトを起こすのではないか(クロスアーチスプリントではなく、前歯部臼歯部は連結なし)。ブラッシングによる磨耗では??

8年経過後となる'10、根面に窩洞形成はせず、洗浄後プライマー処理のみでCRを流し込んだ。歯ブラシの選択、ブラッシングの方向を再確認、修正を指導。さらにその後の経過観察は、、、

経過~'16.jpg

~'16、わずか6年の短期間ながら、歯頸部の欠損は停止しているように見える。

16FEB

待ちに待った 超新薬!!

2017年02月16日
2006年に初めて行ったアメリカ歯周病学会でこんなポスター発表を見てびっくりたまげたのです。大阪大学村上伸也教授が開発されたFGF2。
FGF2.jpg
私自身が使えるのはいつのことだろうと恋焦がれること11年、ついに今日この手にしたのでした。
リグロス.jpg
術後経過が今からとても楽しみですね!
このページの先頭へ戻る